RSS | ATOM | SEARCH
癌の治療中、お口の中もトラブルが起きやすいです

 がん治療中に起こる口の副作用への対応は、

がん治療を始める前にあらかじめ口の中を清潔にして、

トラブルが起きにくいように準備することが大事です。

 

ということで最近は癌の治療をする病院から

かかりつけ医に当て、

治療&クリーニングを依頼されることも多くなりました。

 

口の副作用が起きる可能性が高い治療を予定されている患者さんは、

治療が始まる前に歯科を受診し、

あらかじめ口の中を良好に整える管理を行ってからがん治療を行うことが

一般的になりました。

 

1)口の中の検査

大きなむし歯や歯周炎など、がん治療中にトラブルになりそうな歯がないかをチェックします。

2)口の中の掃除

細菌の数を減らすために、歯科のクリーニングの機械を使って歯石やプラークを徹底的にきれいにする、口の中の大掃除が必要です。

3)セルフケア指導

口の中を細菌の少ない良い状態に維持するのは、患者さんご自身による口の管理(セルフケア)にかかっています。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 15:56
comments(0), -, pookmark
Comment