RSS | ATOM | SEARCH
歯の痛み
 歯医者に行くのはどんなとき?と分かりきった質問をしてみます。歯が痛い時という答えが一番に返ってきそうな気がします。ほかにも歯ぐきが腫れたとか歯がグラグラするとか歯並びが気になる。最近では口臭とか歯の色についても相談されることが多くなりましたが、まずは痛い時は絶対だと思います。
 今日はむし歯の痛みについて書いてみます。一口に歯の痛みといっても専門家は「問診をして」むし歯の進行を確認します。冷水痛、温熱痛、咬合痛など。
 冷たい物がしみる→冷水痛
 熱い物がしみる→温熱痛
 咬んだ時痛い→咬合痛 
 むし歯は細菌による感染が原因です。最初は神経(歯髄)の一部分の炎症なので冷たいものがしみる程度です。お肉を咬んでいたいというのも初期の状態です。炎症が神経全体に進むと熱いものもしみるようになります。もっと炎症が進むと逆に冷たい物を口に含むと痛いのが和らぐようになります。例えば熱がでたときおでこを冷たいタオルで冷やすのと同じです。
 冷たいものが欲しくなる季節、冷たい物でむし歯のチェックもできるかも〜〜〜
author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 12:12
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
大変参考になり、楽しいぶろぐですね!!
出来れば、文字サイズを少し大きく出来ないのでしょうか?爺さまなので・・・
, 2009/08/04 12:01 AM









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/6