RSS | ATOM | SEARCH
歯に物が詰まる場合の治療としては?

むし歯があればまずその治療をします。

 

むし歯がない場合は噛み合わせの調整をして様子を見ます。

それでも改善しない、食べ物がどんどん詰まっていって(食片圧入)

歯肉に炎症が起きてしまう

などの困りごとが起きる場合は

詰まらないように治療をします。

 

歯と歯の間に虫歯がある場合

虫歯が小さい時は、詰めものを詰めます。

大きな虫歯の場合は、

金属のはめ込みや被せ物を作って、

歯と歯の間の隙間をなくします。

 

歯と歯の間に隙間がある場合

最初に咬み合わせを調整をします。

それでも物が詰まる場合は

隙間をなくす様に詰めものを詰めたりして、歯の間に物が挟まらないようにします。

既に被せ物をしている場合には、今の被せ物を外して隙間がなくなるように新しい被せものを作り直すこともあります。

 

歯と歯に段差がある場合

段差を削って滑らかになるように調整します。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 17:35
comments(0), -, pookmark
Comment