RSS | ATOM | SEARCH
マウスガードとパワーアップ

マウスガードとパワーアップ

運動能力の向上、

パワーアップ

を目的にマウスガードをつくりたい

という選手がみえられます。

 

マウスガードをつけて

力が入るようになったという選手もいますが、

マウスガードの運動能力向上効果は、

科学的にはまだ証明されていません。

 

ただ「咬む」ことは、

身体を固定することには効果はあるとされています。

現在研究が進められています。

近い将来その関係がより明らかにされることが期待されます。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 21:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
マウスガード

マウスガードは

スポーツ用品店でマウスフォームドタイプといって

お湯につけて軟化して口の中で形作るものが多く売られています。

値段は数百円から数千円です。

湯につけた熱々のマウスガードで口を火傷してしまう人もいます。

形をなんとかつくれたとしても

口にぴったりのものをつくるのは大変難しいです。

つけごこちも悪いようです。あまりおすすめしません。

 

もう一つの方法として、

歯科医院でつくってもらう方法があります。

カスタムメイドタイプといいます。

歯科医に歯型とかみあわせをとってもらい、

次に来た時に出来上がったマウスガードを口の中で微調整してもらい完成です。

 

カスタムメイドタイプマウスガードは、

口にぴったりしていて、効果が高く、

つけごごちもマウスフォームドタイプより断然よいです

また、カラフルな色にしたり、名前を入れることもできます

 

効果や安全性の面でも、

つけごごちの面でも

型を取って作るカスタムメイドタイプがお勧めです。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 21:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
外傷を防ぐため、マウスガードをつけることをお勧めします

外傷を防ぐためには、

歯科医院ではマウスガードをつけることを

お勧めしています。

 

スポーツ歯科外傷の多くは

マウスガードをはめることで、

防止できたり軽減できたりすることが多いのです。

 

マウスガードは、

「マウスピース」

あるいは

「マウスプロテクター」とも呼ばれます。

 

口のケガを予防するため、

通常は上あごに歯を被うような

U字型のものです。

衝撃を吸収するようやわらかい素材でできています。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 21:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポーツで顔や口に怪我をすることがあります

ラグビーW杯が開催されています。

日本の桜の戦士の活躍は胸が熱くなり応援にも熱が入りました。

選手は全員マウスガード(マウスプロテクター)を装着していました。

福岡選手の口元を見てもマウスガードをつけているのがわかります。

 

 

ふつうはラグビーや アメリカンフットボール、ボクシング

あるいは格闘技のようなスポーツでは試合の時にマウスガードを使います。

相手と接触(コンタクト)するスポーツでケガをしやすいことは確かなのですが

野球やバスケットでも口や顔にケガをすることもあります

 

一番多くケガしているのは、上の前歯です。

前歯を打ったり(打撲)

歯が折れたり(破折)

ぐらついたり(脱臼)

ひどい場合には抜け落ちることさえあります。

激しくぶつかると顔や顎の骨が折れることもあります。

 

下あごでは骨折の方がよくおこります。

その結果長期間、入院したり治療を受けたりすることが必要になることもあります。

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 21:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
災害時の歯みがき方法やお口のケアに関する情報を紹介します

大型の台風が立て続けにやってきた上

豪雨の災害に見舞われた千葉のニュースを見るたびに

心が痛みます。

 

避難生活が長引いたり、ライフラインが分断されたりした場合の

歯磨きに関する情報です。

是非、ご確認ください。

 

公益社団法人日本歯科医師会

 

災害時の歯みがき方法やお口のケアに関する情報を紹介します。
 
なお、本動画はYouTubeにもアップしています。
 
https://www.youtube.com/watch?v=DWFXeOaBxgY

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 21:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
機能を見ていく

最近の歯科は、

形態の修復だけでなく、

機能を見ていくことにも

保険が適用されるようになりました。

 

口腔機能低下症

という病名が保険適用になりました。

 

食べる機能を見てくこともできます。

一生自分の口から食べたいものです!

 

講習会に参加しました。

気になる方はチェックして見てください。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
歯磨きのポイント

先日の朝日新聞に掲載されていました。

歯周病の歯磨きのポイントです。

 

奥歯を磨く時に口を大きく開けすぎると

歯ブラシが奥まで入りにくいので要チェック。

歯ブラシは横だけでなく縦でも使う

歯ブラシだけでなくフッ素も使う

(歯肉が下がってセメント質が露出するため)

 

大事なポイントです。

 

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
咬合紙

噛み合わせを調整する道具

 

咬合紙

 

調整しているとこ

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 07:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
国民皆歯科健診プロジェクトを!

日本歯科医師会から出されてるポスター

歯周病の予防でガン、糖尿病、 脳梗塞 心筋梗塞

のリスクを下げる調査結果が出ている。

 

認知症予防にも効果があるし

嚥下性の肺炎は6割も減らすことができる。

寝たきりに関係する転倒予防には大きく貢献する。

 

いいことづくめ!

 

是非 定期健診を!

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 07:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)

歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)

 

上顎洞の炎症から歯が痛くなることもありますが、

人間の体はつながっているので

逆に歯が原因で上顎洞に炎症が起きることもあります。

これが歯性上顎同園です。

 

むし歯、歯周炎(歯の根に膿が貯まること)を

長い間治療せずに放置していると、

細菌が上顎洞に入り炎症を起こします。

黄色ブドウ球菌が最も多く、

連鎖球菌や大腸菌などでも起こります。

歯では第一大臼歯が最も原因になりやすく、

次いで第二小臼歯、第二大臼歯の順です。

 

症状は急性に起こる場合と慢性に起こる場合があります。

急性の場合には、歯の痛みに続いて、

突然悪臭の強い膿性の鼻汁(びじゅう)や

頬部痛(きょうぶつう)が現れます。

 

慢性の場合には歯の痛みは比較的少ないものです。

通常、片側に起こります。

パノラマレントゲンという

全体が撮影できるレントゲン検査をすると

大凡診断することができます。

 

治療はまず歯の治療を行います。

むし歯の治療を行い、

抗生物質をで上顎洞の炎症を収めていきます。

 

必要なら耳鼻科に紹介状を書いて耳鼻科も受診してもらうこともあります。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 07:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark